テュートリアル教育Tutorial Education
科目責任者太田 悦朗 (※)
担当者太田 悦朗 (※), 佐藤 雄一 (※), 高橋 博之 (※), 堀江 良一 (※), 土屋 紅緒 (※), 丸山 弘子 (※), 横場 正典 (※), 久保 誠 (※), 佐藤 隆司 (※), 長塩 亮 (※), 阿部 直也 (※), 井本 明美 (※), 中村 正樹 (※), 黒崎 祥史 (※), 鉢村 和男 (※), 前花 祥太郎 (※), 渡邉 真理子 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 医療コミュニケーションおよび、感染症を含めた様々な疾患について、少人数テュートリアル形式で学習を行い、記憶中心から知識習得型学習への転換を促す。

教育内容・教育方法

 6、7人の少人数グループを形成し、医療コミュニケーションおよび、様々な疾患に関する系統だった知識を深める。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1~5回医療コミュニケーション演習医療コミュニケーション講義、患者の語り(DIPEx)を視聴、グループ討論を行う太田 悦朗
担当者全員
11/11①②③④⑤
6~7回医療コミュニケーション演習・発表大教室においてグループごとに発表を行う太田 悦朗
担当者全員
11/12①②
8~10回 課題 ① ~ ②感染症を含む疾患の課題について、調査およびグループ討論を行う太田 悦朗
担当者全員
11/12③④⑤
11~15回 課題 ② ~ ③感染症を含む疾患の課題について、調査およびグループ討論を行う太田 悦朗
担当者全員
11/13①②③④⑤
16~20回 課題 ① ~ ③感染症を含む疾患の課題について、調査およびグループ討論を行う太田 悦朗
担当者全員
11/14①②③④⑤
21~25回発表と総合討論大教室においてグループごとに発表および総合討論を行う太田 悦朗
担当者全員
11/15①②③④⑤

到達目標

 コミュニケーションスキルと問題解決能力を理解し、身に付ける。

評価基準

 ルーブリックを用いて、テュートリアル学習過程・討論、ノートのまとめや発表を評価する。

準備学習等(予習・復習)

 教科書を利用して様々な疾患に関する予習を行い、学習した内容をより深いものにするために参考書を読むこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書「科目で使用している教科書全般」、「テュートリアル学習の手引き」、「配布資料」
参考書各課題に関連した医学書、論文や総説(和文および英文)など