臨床細胞学実習Laboratory Practice of Clinical Cytology
科目責任者古田 玲子 (※)
担当者古田 玲子 (※), 西村 由香里 (※), 阿部 直也 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 細胞診断学の基本的な技術と細胞の観察視点を、実習を通じて修得する。

教育内容・教育方法

 細胞診標本作製方法を実際の手技を通じて学ぶ。婦人科・呼吸器・泌尿器・体腔液・乳腺・甲状腺などの正常細胞と病的な細胞などを光学顕微鏡で観察し、細胞判定の基礎を修得する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1~12回鏡検スケッチ実習各領域(婦人科・呼吸器・泌尿器・体腔液・乳腺・甲状腺)の細胞所見について学ぶ古田 玲子
西村 由香里
阿部 直也
5/28③④⑤
5/29③④⑤
5/30③④⑤
5/31③④⑤
13~15回標本作製実習パパニコロウ染色、ギムザ染色を施行し、標本の作製方法を学ぶ古田 玲子
西村 由香里
阿部 直也
6/4③④⑤
16~18回筆記試験標本作製・細胞所見に関する試験を行う古田 玲子
西村 由香里
阿部 直也
6/5③④⑤
19~27回スクリーニング実習各領域の細胞診標本のスクリーニングを行う古田 玲子
西村 由香里
阿部 直也
6/6③④⑤
6/7③④⑤
6/11③④⑤
28~30回実技試験スクリーニング・細胞像試験を行う古田 玲子
西村 由香里
阿部 直也
6/12③④⑤

到達目標

 細胞診断学の基本的な知識・技術を総合的に修得する。

評価基準

 授業内試験(筆記試験および実技試験)を行い、総合的に判定する。

準備学習等(予習・復習)

 細胞の基本構造を参考図書を調べて理解しておくこと。特に細胞所見は、参考図書に掲載されている多くの写真を見ておくことが望ましい。また、パパニコロウ染色やギムザ染色などの原理や標本作製手順を確認しておくこと。
 本実習は臨床細胞学の講義と連携しているので、臨床細胞学の講義で配布する資料を復習し、実習に臨むこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書
参考書最新臨床検査学講座 病理学/病理検査学松原 修ほか医歯薬出版
参考書細胞診を学ぶ人のために 第5版坂本穆彦医学書院
参考書ポケット細胞診アトラス土屋眞一医療科学社
参考書臨床検査技師を目指す学生のための細胞診土屋眞一医療科学社
参考書スタンダード細胞診テキスト 第3版水口國雄医歯薬出版
参考書~基礎から学ぶ~ 細胞診のすすめ方西 国広近代出版
参考書細胞診ガイドライン 2015年版
1婦人科・泌尿器
公益社団法人日本臨床細胞学会/編金原出版
参考書細胞診ガイドライン 2015年版
2乳腺・皮膚・軟部骨
公益社団法人日本臨床細胞学会/編金原出版
参考書細胞診ガイドライン 2015年版
3甲状腺・内分泌・神経系
公益社団法人日本臨床細胞学会/編金原出版
参考書細胞診ガイドライン 2015年版
4呼吸器・胸腺・体腔液・リンパ節
公益社団法人日本臨床細胞学会/編金原出版
参考書細胞診ガイドライン 2015年版
5消化器
公益社団法人日本臨床細胞学会/編金原出版

備考・その他

 ゴーグル(標本作製実習で使用)、白衣、および色鉛筆を各自で用意してください。