検査管理学Laboratory Management
科目責任者石井 直仁 (※)
担当者石井 直仁 (※), 黒崎 祥史 (※), 井本 明美 (※), 宇治橋 善勝 (※), 内田 一弘 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 今日の医療は、臨床検査データなしで診断も治療もできない状況になっている。臨床の場で利用されている検査項目の測定方法は、正確性や精密性が維持されなければならない。そのためには、地域、国内、国外での臨床検査データの標準化(施設間差の是正)の整備と活動が必至である。精度保証(検査項目の選択から検査値の解釈までの一連の保証)を達成するために、臨床検査技師に必要な検査データの標準化(施設間差の是正)の整備と活動法を理解する。

教育内容・教育方法

 精度保証の概念を達成するため、検査データの取り扱い、精密さ・正確さの評価方法、精度管理法を学ぶ。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回臨床検査の意義
診断法の変遷、臨床検査の意義を学ぶ。
石井 直仁
4/4②
第2回検査部門の組織と業務
検査部門の管理と運営
検査体制、検査部門の組織・業務、検査部門の管理・運営を学ぶ。石井 直仁
4/11②
第3回検査の精度保証①
検査の依頼から結果報告までの検査業務を学ぶ。
精度マネージメントを学ぶ。
石井 直仁
4/18②
第4回検査の精度保証②
標準化、クオリティマネージメントを学ぶ。黒崎 祥史
4/25②
第5回検査の精度保証③
精度管理法の分類、精度管理試料を学ぶ。
黒崎 祥史
5/9②
第6回検査の精度保証④
内部精度管理、検査過誤の管理を学ぶ。井本 明美
5/16②
第7回臨床検査の役割と使命臨床検査の重要性と生涯教育を学ぶ。宇治橋 善勝
5/23②
第8回検査の精度保証⑤外部精度評価を学ぶ。井本 明美
5/23③
第9回検査の精度保証⑥測定法の信頼性の評価を学ぶ。井本 明美
5/24③
第10回臨床検査管理の概念臨床検査室の評価を学ぶ。内田 一弘
5/30②

到達目標

 精度保証のもと、臨床検査データの標準化(施設間差の是正)と正確かつ精密な測定の重要性を理解する。

評価基準

 受講態度(課題、演習問題、小テスト含、5%)と定期試験成績(95%)で総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

 教科書により講義内容の予習を行い、講義中に配布した資料と演習問題にて復習すること。関数電卓、グラフ用紙、定規を持参すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書最新臨床検査学講座 検査総合管理学高木 康、三村邦裕 編 医歯薬出版
参考書標準臨床検査学 検査機器総論・検査管理総論横田浩充、大久保滋夫 編医学書院