臨床生理学IBClinical Physiology IB
科目責任者片桐 真人 (※)
担当者片桐 真人 (※), 横場 正典 (※), 荒幡 篤 (※), 槇田 喜之 (※), 姫田 久美 (※), 柳原 美智子 (※), 藤井 滋 (※)
科目概要3年 (2単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 臨床生理学は生体の生理学的機能の病的な状態における変化を把握する学問である。生理的機能を評価する手段が臨床生理学的検査である。臨床生理学的検査は臨床検査技師の資格を有するものが行うことができる検査であり、資格の取得上大変重要な科目である。
 日常行われている生理学的検査について、2年次の臨床生理学1Aにおいて習得した各生理学的検査の原理、方法をもとに、それぞれの正常所見、病的所見を理解し、実際の画像や波形から異常の有無を習得する。また、生理学的検査における被検者に対する倫理観を併せて習得する。

教育内容・教育方法

 臨床的に活用され、臨床検査技師の資格取得に必要な臨床生理学的検査を中心に正常な生理機能と疾患における病態生理学的変化について解説する。さらに、測定原理、装置、測定方法、検査結果の評価などについて解説をする。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1~3回心電図検査①②③心電図誘導法と測定法について習得する。
心電図波形の正常所見について習得する。
異常心電図について解説する。不整脈(異所性刺激発生、伝導障害)、電解質異常の診かたと解析について習得する。
片桐 真人
4/8②③④
第4・5回心電図検査④と心音・脈波検査異常心電図について習得する。虚血性心疾患の心電図所見、狭心症の心電図所見について、その評価と診かたについて習得する。
心音・脈波検査の方法や所見を習得する。
片桐 真人
4/15②③
第6・7回呼吸機能検査と基礎代謝検査①②呼吸器の解剖、肺気量分画、呼吸抵抗、コンプライアンス、フローボリューム曲線、クロージングボリューム、肺拡散能について習得する。横場 正典
4/22②③
第8・9回脳波検査脳波の基礎的要素、導出法、電極、正常脳波、加齢変化、睡眠脳波、異常脳波、賦活法、誘発脳電位について習得する。姫田 久美
5/8①②
第10回呼吸機能検査と基礎代謝検査③動脈血液ガス分析、酸塩基平衡、経皮的酸素飽和度、基礎代謝検査の原理と測定法について習得する。横場 正典
5/13②
第11回筋電図検査と熱画像検査基礎事項、筋電計、導出法、正常・異常筋電図、誘発筋電図、熱画像検査の原理と検査法について習得する。荒幡 篤
5/13③
第12・13回超音波検査①超音波検査の測定原理、超音波装置について習得する。
心臓超音波検査の検査の正常所見と異常所見について習得する。
槇田 喜之
5/20②③
第14回超音波検査②腹腔内蔵器(肝臓・胆嚢)における超音波検査の正常所見と異常所見について習得する。柳原 美智子
5/27②
第15回超音波検査③腹腔内蔵器(膵臓・脾臓・腎臓)における超音波検査の正常所見と異常所見について習得する。藤井 滋
5/27③

到達目標

①病的状態における生理機能の変化を理解し、列挙できる。
②臨床生理学実習を行うに十分な測定の原理、方法、病的所見の把握などを列挙できる。
③臨床実習における生理機能検査に応用できる。

評価基準

 定期試験によって評価する。(100%)
 注)試験範囲には臨床生理学実習の第1回~第9回が含まれる。

準備学習等(予習・復習)

 2年次の臨床生理学ⅠAの復習と教科書の講義内容について十分に予習をすること。
 授業終了後、講義内容の復習をすること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書最新 臨床検査学講座 生理機能検査学東條尚子、川良徳弘 編医歯薬出版
教科書生理系臨床実習実習書北里大学医療衛生学部医療検査学科・北里大学病院臨床検査部・同病理部・同輸血部・北里大学東病院臨床検査部編
参考書標準臨床検査学 生理検査学・画像検査学谷口信行 編医学書院