免疫検査学実習Laboratory in Immunology
科目責任者久保 誠 (※)
担当者川村 俊彦 (※), 久保 誠 (※), 太田 悦朗 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 免疫検査学Iおよび免疫検査学IIで学んだ免疫学に関する検査方法・検査手技を実践する。更に、実習を通して免疫学の本質をより良く理解させ、臨床医学に関係した検査法の理解と応用力をつけさせる。それにより3年次終盤から4年次にかけて行われる病院実習のための基礎力を養成する。

教育内容・教育方法

 免疫検査の多くは、「抗原抗体反応」である。本実習で扱う内容は、やや古い検査方法が多いが、免疫反応の基本である「抗原抗体反応」を理解するために有用である。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1~3回実習についての説明と諸注意
ゲル内沈降反応-1
実習全体について諸注意を含め説明する。実験器具の洗浄を行う。
オクタロニー法、一元放射状免疫拡散法の原理と手技を学ぶ。
川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
6/18③④⑤
4~6回ゲル内沈降反応-2免疫電気泳動法の原理と手技を学ぶ。川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
6/19③④⑤
7~9回標識抗原抗体反応-1自己免疫疾患の検査(抗核抗体検査-蛍光抗体法)の手技と結果の解釈を学ぶ。川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
6/20③④⑤
10~12回感染症検査法-1梅毒検査(RPR法、TPHA法)の原理と手技、結果の解釈を学ぶ。川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
6/21③④⑤
13~15回溶血反応溶血反応の原理と手技を学ぶ。川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
6/25③④⑤
16~18回標識抗原抗体反応-2アレルギー検査(ELISA)、および自己免疫疾患の検査(RA)の原理と手技を学ぶ。川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
6/26③④⑤
19~21回輸血検査法-1ABO式血液型検査法およびRh式血液型検査法の原理と手技、結果の解釈を学ぶ。川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
6/27③④⑤
22~24回輸血検査法-2抗体スクーニング法、交差適合試験(含む直接・間接抗グロブリン試験)の原理と手技を学ぶ。川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
6/28③④⑤
25~27回感染症検査法-2HIV抗体検査(ウエスタンブロット法)の原理と手技を学ぶ。川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
7/2③④⑤
28~30回感染症検査法-3HIV抗体検査(ウエスタンブロット法)を実施し判定を行うことで、結果の解釈を学ぶ。
実習器具の後片付けを行う。
川村 俊彦
久保 誠
太田 悦朗
7/3③④⑤

到達目標

 臨床の現場で行われている免疫学的検査方法の原理をしっかり理解することを目標にする。
・免疫検査で扱う検体(血液・血清等)を扱う際、その感染リスクを十分理解する。
・実習で使用する検体・試薬のうち、何が抗原で、何が抗体であるのかを説明できる。
・免疫検査で使用する機器の使用方法を理解し、適切に使用することができる。
・予想通りの結果が出ない場合、その理由・原因を考察することができる。

評価基準

 実習レポートおよび実習態度によって総合評価する。すべての実習に参加すること。遅刻・欠席の場合、大幅な減点の対象となる場合がある。やむを得ない事情で遅刻・欠席する場合は、診断書等を提出すること。

準備学習等(予習・復習)

 あらかじめ実習テキストを熟読し、関連する講義(免疫検査学II)を復習しておくこと。レポート作成時にもう一度、検査の原理・臨床的意義を復習すること。実習終了後、実習項目に対応する部分の国家試験問題を、解くことで、免疫検査学に関する知識を確実なものにする。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書新版臨床免疫学-第3版宮坂信之、烏山一、浅川英男、山田俊幸講談社サイエンティフック
参考書2019年版 臨床検査技師国家試験問題集日本臨床検査学教育協議会 編医歯薬出版株式会社
参考書免疫検査学窪田哲郎他編医師薬出版株式会社
参考書免疫検査学折笠道昭編医学書院