臨床化学実習Laboratory in Clinical Chemistry
科目責任者石井 直仁 (※)
担当者石井 直仁 (※), 黒崎 祥史 (※), 井本 明美 (※), 廣渡 祐史 (※), 長島 真美 (※), 齊藤 央 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 臨床化学検査は、自動分析装置の革新的な技術開発により進展してきた。高度な自動分析装置の能力を十分に発揮させ、病態解析をするため、操作技術、反応機序の理解、臨床検査データ解析力を習得する。

教育内容・教育方法

①臨床化学分析方法の基礎を習得する。②臨床化学分析方法により各種検査項目の反応機序(測定原理)と操作技術を習得する。③患者が自ら行う「血糖自己測定(Self monitoring of blood glucose, SMBG)」と患者の身辺での検査(Point of care testing, POCT)である「ドライケミストリー」の反応機序(測定原理) と操作技術を習得する。④臨床検査データ解析力を習得する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1~3回分析法の基礎1最大吸収波長(吸収ピーク)、モル吸光係を測定する。石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
9/24③④⑤
4~6回分析法の基礎2Km値(ALP)を測定する。石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
長島 真美
9/25③④⑤
7~9回分析法の基礎3
ALP活性を測定する。石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
9/26③④⑤
10~12回タンパク質1
酵素1
血清タンパク質を電気泳動法により分析する。
血清LDアイソエンザイムを電気泳動法により分析する。
石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
齊藤 央
9/27③④⑤
13~15回タンパク質2
総タンパク質、アルブミン、石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
10/1③④⑤
16~18回酵素2LD活性、ALT活性を測定する。石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
10/2③④⑤
19~21回非タンパク性窒素1
電解質
クレアチニン、カルシウム、マグネシウムを測定する。 石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
10/3③④⑤
22~24回非タンパク性窒素2
尿素窒素を測定する。石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
10/4③④⑤
25~27回糖質1糖尿病関連検査である血糖自己測定と尿中タンパク質を測定する。石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
10/8③④⑤
28~30回糖質2

グルコースを測定する。
臨床検査データ解析(ホルモン検査)の演習を行う。
石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
廣渡 祐史
10/9③④⑤
31~33回脂質
薬物検査
中性脂肪、血中薬物濃度を測定する。
臨床検査データ解析(血中薬物濃度検査)の演習を行う。
石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
10/10③④⑤
34~36回ドライケミストリードライケミストリー分析法により、尿素窒素、ナトリウム、カリウム、クロール、γ-GT活性を測定する。石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
10/11③④⑤
実習試験
石井 直仁
黒崎 祥史
井本 明美
後日掲示

到達目標

 分析器具・機器・検体の取り扱い、操作技術、反応機序(測定原理)、臨床検査データ解析力を習得する。

評価基準

 レポート、演習問題、実習態度(35%)および実習試験(65%)で総合判定する。

準備学習等(予習・復習)

 健康時の生体代謝である「生化学」と病気時の生体(病態)代謝である「臨床化学」の教科書で実習項目の予習をする。「臨床病態学」の教科書において実習項目が関わる病態を確認する。また、その病態の生理機能検査を「臨床生理学」の教科書において確認する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書最新臨床検査学講座 臨床化学検査学浦山 修、他 編医歯薬出版社
参考書新版 臨床化学 第3版片山善章、他 編講談社サイエンティフィク
参考書臨床化学検査学 実習書大西英文、他 編医歯薬出版社