公衆衛生学実習Laboratory in Public Health
科目責任者内藤 由紀子 (※)
担当者内藤 由紀子 (※), 伊与 亨 (※), 片桐 裕史 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 人間集団を取りまく生活・労働環境と健康の関係および環境を把握するための方法について、実技を通して修得する。

教育内容・教育方法

 生活環境・労働環境と健康のかかわりを理解するための環境測定および疾病発症・予防について学ぶ(グループワーク)。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1~3回ガイダンス実習の概要を説明し、機器の準備等行う。内藤 由紀子
伊与 亨
片桐 裕史
5/7③④⑤
4〜12回生活・作業環境の把握と
健康影響評価①室内環境[実習]
室内環境測定の意義、方法および原理を理解し、実際に測定を行う。内藤 由紀子
伊与 亨
片桐 裕史
5/8③④⑤
5/9③④⑤
5/10③④⑤
13~21回生活・作業環境の把握と
健康影響評価②有害物質分析[実習]
有害物質の分析の方法および原理を理解し、実際に分析を行う。内藤 由紀子
伊与 亨
片桐 裕史
5/14③④⑤
5/15③④⑤
5/16③④⑤
22〜30回生活・作業環境の把握と
健康影響評価③水質分析[実習]
水質の分析の意義、方法および原理を理解し、実際に分析を行う。内藤 由紀子
伊与 亨
片桐 裕史
5/17③④⑤
5/21③④⑤
5/22③④⑤

前期期間中に追再試験を実施することがある(日程は後日掲示)。

到達目標

 人間集団を取りまく環境が健康の保持増進に影響を与えることを理解し、適切な環境の保持と予防医学の重要性を説明できる。

評価基準

 班単位の評価(レポート)および個人評価(実習態度および実習試験)により総合的に評価する(実習試験日は別途設定)。

準備学習等(予習・復習)

 事前にテキストに目を通して実習内容の概要と操作方法を把握しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書公衆衛生学実習(教員より配布)北里大学医療衛生学部公衆衛生学研究室編
参考書国民衛生の動向 2017/2018年版(2年次「公衆衛生学」の教科書)(一財)厚生労働統計協会