免疫検査学IImmunology I
科目責任者川村 俊彦 (※)
担当者川村 俊彦 (※), 久保 誠 (※), 太田 悦朗 (※)
科目概要2年 (2単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 臨床検査技師として免疫検査を行うためには、検査手技の方法を機械的に記憶するのではなく、検査の原理・背景を理解した上で検査を行うことが求められる。そのために必要な免疫学の基礎を、しっかりと理解し学ぶことが必要である。免疫検査学Iでは、具体的な検査方法の手技・原理を学ぶ前に、免疫学の基本を学び、免疫反応を、個体レベル・細胞レベル・分子レベルで理解することを目的とする。

教育内容・教育方法

 免疫検査学Iでは、総論として、免疫学の歴史、生体防御反応のしくみ、抗体分子の構造と機能、補体の性状と生物活性、抗原抗体反応の機序、免疫担当細胞の種類と働き、細胞表面分子とサイトカイン、主要組織適合抗原複合体などについて学ぶ。次いで各論として、感染免疫、アレルギーなどについて学ぶ。授業は、講義形式(パワーポイントおよび板書による説明)により進める。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回1.免疫系のしくみと働き-1免疫学の歴史、免疫系の役割とその特徴を学ぶ。川村 俊彦
9/3②
第2回4.生体防御反応のしくみ自然免疫と獲得免疫、各種病原体に対する免疫応答について学ぶ。川村 俊彦
9/10②
第3回1.免疫系のしくみと働き-2免疫系の組織・器官、免疫担当細胞について学ぶ。久保 誠
9/17②
第4回1.免疫系のしくみと働き-3B細胞、T細胞の発生、抗原特異性と多様性の獲得機構について学ぶ。久保 誠
9/24②
第5回1.免疫系のしくみと働き-4B細胞、T細胞の抗原認識、活性化機構について学ぶ。久保 誠
10/1②
第6回6.細胞表面分子とサイトカイン免疫担当細胞の機能を制御する細胞表面分子やサイトカインについて学ぶ。久保 誠
10/8②
第7回2.抗原と免疫グロブリン-1抗原の種類や抗体(免疫グロブリン)分子の性状を学ぶ。太田 悦朗
10/15②
第8回2.抗原と免疫グロブリン-2抗体(免疫グロブリン)の種類、構造と機能、また多クローン抗体と単クローン抗体の違いを学ぶ。太田 悦朗
10/29①
第9回3.補体系の役割補体系構成因子の種類と機能、生物活性と疾患について学ぶ。太田 悦朗
10/29②
第10回5.HLA(構造、機能、遺伝子)HLAの種類とその分子構造、抗原提示細胞による抗原提示機能、HLA遺伝子とその多型性、疾患との関連を学ぶ。川村 俊彦
11/12②
第11回8.感染症と免疫-1(感染症総論)感染症の種類、一般的な臨床経過、臨床検査の意義を学ぶ。川村 俊彦
11/19②
第12回8.感染症と免疫-2(感染症各論)梅毒、肝炎、エイズの病態、検査法、検査値について学ぶ。川村 俊彦
11/26②
第13回9.アレルギー-1アレルギーの分類と代表的疾患の関連について学ぶ。太田 悦朗
12/3②
第14回9.アレルギー-2アレルギー(Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型)の検査法を学ぶ。太田 悦朗
12/10①
第15回検体の取扱い検査に使用する器具や検体の取扱いにおける注意点を学ぶ。久保 誠
12/10②

到達目標

・免疫担当細胞を列挙し、それぞれの機能について説明することができる。
・自然免疫と獲得免疫の違いを説明することができる。
・獲得免疫の中心となるT細胞およびB細胞に関して、どのように抗原を認識するかを説明できる。
・代表的なCD(cluster of differentiation)番号について、それぞれがどのような細胞に発現されるかを説明できる。
・免疫反応を調節するサイトカインについて、代表的なものを列挙し、その機能を説明できる。
・HLA及び抗原提示について説明できる。
・病原体(細菌およびウイルス)に対する免疫反応について説明できる。
・梅毒・ウイルス性肝炎・HIV感染症についての検査法を列挙し、検査データについて説明できる。
・代表的なアレルギー疾患を列挙し、それぞれを発症機序によりI型~V型の5つの型に分類できる。

評価基準

 定期試験の成績(70%)、授業中に行われる小テストの成績(15%)、出席状況(15%)を総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

 授業に出席する前は、指定教科書の該当する範囲を読み、予習をすること。その際、理解できなかった点を明らかにしておく。授業項目の前に付いた番号は、指定教科書の章番号を示している。例: 第2回の授業の項目「4. 生体防御反応のしくみ」の 「4」は、教科書 p49 「4.生体防御反応のしくみ」に対応している。また、講義終了後は、講義で配布したレジュメを中心に、復習をすること。理解できなかった箇所は、積極的に質問することにより解決することを心がける。質問等は大歓迎するので、研究室を気軽に訪れてほしい。また、授業ごとに、復習として、国家試験問題集(2019年版 医歯薬出版社)の免疫学の該当部分の問題を解くこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書新版臨床免疫学-第3版山田俊幸、大戸斉、渥美達也、三宅幸子、山内一由講談社サイエンティフィク
参考書2019年版 臨床検査技師国家試験問題集日本臨床検査学教育協議会 編医師薬出版株式会社
参考書免疫検査学窪田哲郎他医師薬出版株式会社
参考書免疫検査学折笠道昭医学書院
参考書リッピンコットシリーズ イラストレイテッド免疫学 原書2版矢田純一/高橋秀実 監訳丸善出版
参考書絵でわかる免疫安保徹講談社
参考書エッセンシャル免疫学笹月健彦メディカルサイエンスインターナショナル