微生物検査学実習Laboratory Practice in Microbiology
科目責任者北里 英郎 (※)
担当者北里 英郎 (※), 中村 正樹 (※), 前花 祥太郎 (※), 久保 誠 (※), 二本柳 伸 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 微生物検査学の講義で得た知識を、実習を通じて理解を深め、知識を定着させる。また、将来、微生物検査に従事するために必要な基礎的知識ならびに技術の習得を目標とする。病原微生物を正しく、安全に取り扱うことができるようになってもらいたい。

教育内容・教育方法

 第1週目は基本的な検査手技として、細菌の染色法、分離培養法、培地の作製法などを学ぶ。また、常在細菌や環境細菌を培養することにより、身の回りの細菌の存在を理解する。
 第2週目は未知菌検体の同定検査を行う。主なグラム陽性菌ならびにグラム陰性菌の同定検査方法について理解を深める。
 第3週目は薬剤感受性検査、検査キットによる同定検査、ウイルスの定量ならびに抗体価の測定を行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1~12回A:微生物検査における基本操作
B:身の回りの細菌の検出
項目Aではグラム染色法ならびに分離培養法の手技を学ぶ。
項目Bでは皮膚常在菌、鼻咽腔常在菌、空中落下細菌の検出を行う。
北里 英郎
中村 正樹
前花 祥太郎
久保 誠
二本柳 伸
10/8③④⑤
10/9③④⑤
10/10③④⑤
10/11③④⑤
13~24回C:未知菌検体の同定項目Cでは各人に未知菌検体を配付し、グラム染色、分離培養、各種同定検査を行う。北里 英郎
中村 正樹
前花 祥太郎
久保 誠
二本柳 伸
10/15③④⑤
10/16③④⑤
10/17③④⑤
10/18③④⑤
25~36回D:薬剤感受性検査
E:同定キットを用いた細菌検査
F:ウイルスの定量と抗体価の測定
項目Dではディスク拡散法による薬剤感受性検査を行う。
項目EではID-テストを用いた細菌の同定、ならびに迅速検査キットによる細菌の検出を行う。
項目FではHA試験によるウイルスの定量ならびにHI試験によるウイルス抗体価の測定を行う。
北里 英郎
中村 正樹
前花 祥太郎
久保 誠
10/23③④⑤
10/24③④⑤
10/25③④⑤
10/30③④⑤

到達目標

 微生物検査の基本的な手技として、グラム染色、分離培養を実践できるようになること。また、検体の分離培養から同定検査ならびに薬剤感受性検査に到るまでの過程を理解し、説明できるようになること。この実習を通じて微生物検査学の講義の理解を深め、知識を定着してもらいたい。

評価基準

 実習態度(出席ならびに参加状況)、実技試験(グラム染色、分離培養)、提出物(レポート・実習ノート)、実習試験を総合的に考慮して判断する。場合によっては追加レポートや口頭試問を課すことがある。

準備学習等(予習・復習)

予習:前期の微生物検査学の講義をよく復習しておくこと。
復習:毎回の実習終了時にその日のまとめをするので、それをよく復習しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書最新臨床検査学講座 臨床微生物学松本哲哉 編医歯薬出版
教科書メディカルサイエンス 微生物検査学〈第二版〉太田敏子 他 編近代出版
参考書臨床検査学実習書シリーズ 微生物検査学 実習書森田耕司 編医歯薬出版
参考書臨床微生物検査ハンドブック 第5版小栗豊子 編三輪書店
参考書微生物検査ナビ 第2版犬塚和久 編栄研化学

備考・その他

二本柳伸(担当日10/9③④⑤, 10/10③④⑤, 10/11③④⑤, 10/16③④⑤, 10/17③④⑤, 10/18③④⑤)
他,臨床検査技師(病院微生物検査室)1名が担当予定