臨床検査総論I実習Laboratory in Medical Technology I
科目責任者長塩 亮 (※)
担当者佐藤 雄一 (※), 鉢村 和男 (※), 長塩 亮 (※), 伊藤 亜弥香 (※), 飯塚 高生 (※), 志賀 常雄 (※), 日野 雄太 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

一般検査の実施に必要である基礎的な生化学、形態学を中心とした実践的検査技術を修得する。さらに検査室現場で必要となる、精密度や正確度など検査法を評価するための方法と関連知識を修得する。

教育内容・教育方法

一般検査に関わる検査技術を習得させる。尿、糞便、髄液中に含まれる成分の生化学的分析、細胞や結晶など有形成分の形態観察、さらに腎機能検査を実施して、それらの臨床的意義を理解する。また検査法を評価するための基礎的検討技術や反応阻害物質について教育し、精密性、正確性、相関性の評価、基準範囲の設定法などを理解する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1~3回実習概説・諸注意
検査法の評価方法(精密度・正確度)
マイクロピペットの取り扱い方を習得し、精密度、正確度の評価法を習得する。長塩 亮
鉢村 和男
9/3③④⑤
4~6回検査法の評価方法(相関性・基準範囲)異なる測定法間の相関性や、基準範囲の算出法を習得する。長塩 亮
鉢村 和男
9/4③④⑤
7~9回尿蛋白定性・定量検査尿蛋白検査法の基本となる煮沸法、キングスベリー・クラーク法、スルフォ・サリチル酸法、色素法の原理と手法を習得する。長塩 亮
鉢村 和男
9/5③④⑤
10~12回尿糖定性・定量検査尿糖定性法のベネディクト法、ソモジー法、尿糖定量法の酵素法の原理と手法を習得する。長塩 亮
鉢村 和男
9/6③④⑤
13~15回尿試験紙検査(手技・原理)
便潜血検査
実際に病院で使用されている尿試験紙を用いて尿検査を行い、検査の手技と原理を習得する。
擬似便を用いて免疫学的便潜血検査法を行い、検査の手技と原理を習得する。
長塩 亮
鉢村 和男
志賀 常雄
日野 雄太
9/10③④⑤
16~18回尿試験紙検査(偽陰性・偽陽性)尿試験紙検査に影響を与える物質と検査項目について、実際に確認し、その機序について学ぶ。長塩 亮
鉢村 和男
9/11③④⑤
19~21回尿沈渣(自己尿の観察)自己尿を用いて尿沈渣標本作製の手技を習得する。
作製した尿沈渣成分の顕微鏡による観察を行う。
長塩 亮
佐藤 雄一
鉢村 和男
伊藤 亜弥香
飯塚 高生
9/12③④⑤
22~24回尿沈渣(患者尿の観察)患者尿を用いて尿沈渣標本を作製し、顕微鏡にて観察する。
様々な尿沈渣成分を鏡覧し、有形成分について学ぶ。
長塩 亮
佐藤 雄一
鉢村 和男
伊藤 亜弥香
飯塚 高生
9/13③④⑤
25~27回髄液検査擬似髄液検体を用いて、比重や細胞数算定、蛋白定性・定量、糖定量検査を行うことで、髄液検査の理解並びに手技を習得する。長塩 亮
佐藤 雄一
鉢村 和男
9/17③④⑤
28~30回片づけ・実習試験実習で使用した器具類の片付け、および実習室の掃除を行う。
片付け終了後、実習で学習した内容習得の確認のため実習試験を行う。
長塩 亮
佐藤 雄一
鉢村 和男
9/18③④⑤

到達目標

臨床検査技師として要求される各種一般検査の測定技術を具体的に説明できる。形態観察により有形成分を区別し、判断ができる。各種検査法を実施し、測定およびその結果を評価することが出来る。班員と協力して実験を遂行できる。

評価基準

実習で行った項目全体に関する実習試験(40%)と、各実験毎に作成する課題レポート(60%)に基づき評価する。

準備学習等(予習・復習)

事前に配布テキストおよび教科書等で実習項目に関する知識を予習し、実習内容の概要を把握しておくこと。また、実習の最終日には、実習内容に関する実習試験を行うので速やかにレポートの作成に努め、実習内容をよく復習しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書臨床検査総論Ⅰ実習テキスト臨床検査学研究室
参考書最新臨床検査学講座 一般検査学宿谷賢一、三村邦裕 編医歯薬出版
参考書検査管理総論/臨床検査総論伊藤機一、五味邦英 編講談社サイエンティフィック
参考書臨床検査技術学2 臨床検査総論・検査管理総論・検査機総論菅野剛史、松田信義 編医学書院
参考書最新臨床検査学講座 検査総合管理学高木 康、三村邦裕 編医歯薬出版