生化学実習Laboratory in Biochemistry
科目責任者川島 麗 (※)
担当者川島 麗 (※), 市川 尊文 (※), 川上 文貴, 前川 達則, 松尾 純孝 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

生化学は、細胞や生体の様々な生命現象を理解して科学するための生命科学を構成する重要な科目の一つである。本実習を通して、生体を構成する基本成分であるタンパク質、糖、脂質の物性、生理機能および存在様式などを客観的に解釈する。生化学的な基本的実験法を用いて、生体成分の抽出、分離、精製、同定を実際に行うことで、生体構成物質について理解する。

教育内容・教育方法

生体構成成分の調製法、分析法、測定法および解析法などの生化学手法を習得する。特に、卵白リゾチームの精製と分析を習熟し、タンパク質の性質を理解する。また、肝グリコーゲン抽出と定量を習熟し、糖質の性質を理解する。加えて、酵素活性の測定を行うことで、酵素活性測定法の操作法および種々の因子の酵素活性に及ぼす影響について理解する。卵黄からの脂質抽出と分離・同定を行うことで、脂質の性質を理解する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1~3回ガイダンス実習概要および諸注意事項川島 麗
市川 尊文
川上 文貴
前川 達則
松尾 純孝
5/28③④⑤
4~6回タンパク質実験−1卵白リゾチームの精製と分析(イオン交換カラムクロマトグラフィー法による精製を行うことで、タンパク質の性質を理解し、その取扱いを習熟する)川島 麗
市川 尊文
川上 文貴
前川 達則
松尾 純孝
5/29③④⑤
7~9回タンパク質実験−2卵白リゾチームの精製と分析(SDS-PAGEと純度検定を行うことで、タンパク質の分離法を習熟する)川島 麗
市川 尊文
川上 文貴
前川 達則
松尾 純孝
5/30③④⑤
10~12回タンパク質実験−3
卵白リゾチームの精製と分析(ウエスタンブロッティングを行うことで、抗原抗体反応を用いたタンパク質の同定法を習熟する)川島 麗
市川 尊文
川上 文貴
前川 達則
松尾 純孝
5/31③④⑤
13~15回糖質実験肝グリコーゲン抽出と定量(ラット肝臓からのグリコーゲンの抽出法と糖の定量法を習熟する)川島 麗
市川 尊文
川上 文貴
前川 達則
松尾 純孝
6/4③④⑤
16~21回酵素実験アルカリホスファターゼ(ALP)活性測定を行うことで、酵素活性測定法の操作法および種々の因子の酵素活性に及ぼす影響について理解する
川島 麗
市川 尊文
川上 文貴
前川 達則
松尾 純孝
6/5③④⑤
6/6③④⑤
22~27回脂質実験卵黄からの脂質抽出と分離・同定を行うことで、脂質の性質を理解し、特定脂質の検出法を習得する川島 麗
市川 尊文
川上 文貴
前川 達則
松尾 純孝
6/7③④⑤
6/11③④⑤
28~30回実習試験全実習内容習熟度の確認川島 麗
市川 尊文
川上 文貴
前川 達則
松尾 純孝
6/12③④⑤

到達目標

1)生化学実験で用いる器具・機器を安全かつ正確に使用できる。
2)タンパク質の性質を理解し、その分析方法と原理を習熟し、卵白リゾチームの活性について考察できる。
3)糖質の性質を理解し、肝臓の機能とグリコーゲンの関係について考察できる。
4)酵素の機能について理解し、測定法の原理、操作法および種々の因子の酵素活性に及ぼす影響について考察できる。
5)脂質の性質について理解し、脂質の抽出・分離法を習得し、卵黄に含まれる脂質成分を同定できる。

評価基準

レポート(40%)、実習試験(40%)、参加態度(20%)を総合して評価する。

準備学習等(予習・復習)

あらかじめ実習テキストを読み、関連する生化学の教科書や参考書から基本知識を学んでおく。実習で使用する器具等のリストアップや実験手順の確認等、実習当日すぐに実験が始められるように工夫する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書生化学実習書北里大学医療衛生学部編
参考書臨床検査学講座 生化学阿部喜代司、岡村直道、吉岡耕一、原 諭吉著医歯薬出版
参考書臨床検査技術学8 生化学菅野剛史、松田信義編医学書院
参考書シンプル生化学林典夫、廣野治子著南江堂
参考書マッキー生化学市川厚監修化学同人