生化学Biochemistry
科目責任者市川 尊文 (※)
担当者市川 尊文 (※), 川上 文貴, 川島 麗 (※), 前川 達則
科目概要2年 (4単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

生命現象の分子基盤を理解するために、エネルギー代謝と生体物質代謝の基本原理や全体像を把握し、代謝異常によってどのような病態が生じうるかを考える能力を修得する。

教育内容・教育方法

生化学は、人体の構造と機能及び疾病の成り立ちに関連する分野の科目であり、生命現象を分子レベルで理解しようとする学問である。生体を構成する物質に関する化学的な理解を深め、それらが生命の基本単位である細胞レベルで、どのように合成され、どのような働きをして分解されていくのかを通して生命現象の本質を追求していく。さらに細胞が集まって形成される各器官の特徴を知り、異常時(病気)における診断のための検査の方法や栄養学の基礎を学習する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回はじめに年間の講義の進め方、細胞の化学的構成について理解する市川 尊文
4/12②
第2回生体物質の構造と機能(1)アミノ酸の構造、種類とタンパク質について理解を深める川上 文貴
4/19②
第3回生体物質の構造と機能(2)核酸の基本構造、DNAとRNAについて理解を深める川島 麗
4/26②
第4回生体物質の構造と機能(3)遺伝子発現とタンパク質の合成について理解を深める川島 麗
5/10②
第5回生体物質の構造と機能(4)酵素の特徴、性質と酵素反応速度論を学ぶ川上 文貴
5/17②
第6回生体物質の構造と機能(5)脂質の分類、構造の特徴と役割について学ぶ前川 達則
5/24②
第7回生体物質の構造と機能(6)糖質の分類、構造の特徴と役割について学ぶ前川 達則
5/24③
第8回生体物質とその代謝(1)糖質の代謝として、解糖系とペントースリン酸回路について理解を深める市川 尊文
5/31②
第9回生体物質とその代謝(2)糖質の代謝として、クエン酸回路と糖新生について理解を深める市川 尊文
6/7②
第10回生体物質とその代謝(3)アミノ酸代謝について理解を深める前川 達則
6/14②
第11回生体物質とその代謝(4)核酸の代謝として、ヌクレオチドの合成と分解について理解を深める川島 麗
6/21②
第12回生体物質とその代謝(5)脂質の代謝として、脂肪酸の分解と生合成、リン脂質とステロイド化合物の代謝について学ぶ前川 達則
6/21③
第13回生体物質とその代謝(6)糖質の代謝として、グリコーゲンの合成と分解、糖の相互変換について理解を深める市川 尊文
6/28②
第14回生体物質とその代謝(7)水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの種類、構造と機能及び欠乏症について理解する市川 尊文
7/5②
第15回生体物質とその代謝(8)代謝の相互関係と調節について理解を深める市川 尊文
7/12②
第16回医化学総論医化学で学ぶべきことを理解する市川 尊文
9/4②
第17回生体物質の生化学(1)栄養素の代謝とエネルギーについて理解し、日本人の食事摂取基準について考える市川 尊文
9/11②
第18回生体物質の生化学(2)ホルモンおよびその関連物質について理解を深める前川 達則
9/18②
第19回生体物質の生化学(3)生体色素(ポルフィリンとその代謝産物)について理解を深める市川 尊文
9/25②
第20回細胞の生化学(1)ミトコンドリアの構造と機能について学び、エネルギー代謝について理解を深める市川 尊文
10/2②
第21回細胞の生化学(2)生体膜の構造と機能について理解を深める前川 達則
10/9②
第22回情報伝達の生化学(1)ゲノム生化学について理解を深める前川 達則
10/16②
第23回情報伝達の生化学(2)免疫の生化学について理解を深める前川 達則
10/23②
第24回情報伝達の生化学(3)細胞増殖と癌の生化学について理解を深める前川 達則
10/30②
第25回器官の生化学(1)肝臓の機能について理解を深める市川 尊文
10/31④
第26回器官の生化学(2)タンパク質の消化・吸収について理解を深める市川 尊文
11/6②
第27回器官の生化学(3)糖質及び脂質の消化・吸収について理解を深める市川 尊文
11/13②
第28回器官の生化学(4)血液の生化学について理解を深める市川 尊文
11/20②
第29回器官の生化学(5)運動系とエネルギー代謝について理解を深める市川 尊文
11/27②
第30回まとめ疾患や病態の生化学について理解を深める市川 尊文
12/11②

到達目標

1)生命活動の基本的なしくみの概論を説明できる
2)生命活動に関わる物質とその役割を説明できる
3)物質代謝とその異常と病気の関係を説明できる。
4)遺伝情報とはなにかを説明できる。
5)医療と生化学の関係を説明できる。

評価基準

定期試験(90%)と授業への参加態度(10%)を総合して評価する。

準備学習等(予習・復習)

各回の授業前に教科書を利用して講義内容の予習を行い、配布資料をもとに学習した内容をより深いものにするため参考書等を利用し復習する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書臨床検査学講座 生化学阿部喜代司、岡村直道、吉岡耕一、原 諭吉医歯薬出版
参考書臨床検査技術学8 生化学菅野剛史、松田信義医学書院
参考書シンプル生化学林典夫、廣野治子南江堂
参考書マッキー生化学市川厚化学同人
参考書ヴォート基礎生化学田宮信雄、村松正実、八木達彦、遠藤斗志也東京化学同人
参考書ハーパー生化学上代淑人丸善