診療画像科学Sciences for Medical Imaging
科目責任者後藤 政実
担当者後藤 政実, 伊藤 喜弘
科目概要3年 (1単位・選択) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

 MRI検査と核医学検査において高い画質を得るために、物理的意味付けや画像生成のメカニズムについて理解し、画質改善を行うための能力を習得する。

教育内容・教育方法

 診療画像科学論とは、MRI検査と核医学検査における基礎から臨床応用について教示する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回MR基礎1MR信号取得原理から画像の成り立ちまでについて学ぶ。後藤 政実
5/18②
第2回MR基礎2撮像方法や画像アーチファクトについて学ぶ。後藤 政実
5/25②
第3回MR臨床1正常解剖のMR画像について学ぶ。後藤 政実
6/1②
第4回MR臨床2疾患のMR画像について学ぶ。後藤 政実
6/8②
第5回核医学基礎1画質に影響を及ぼす撮像技術や装置の取扱い方(保守管理を含む)、放射性医薬品の投与、ポジショニング等の注意点や技術的解決について学ぶ。伊藤 喜弘
6/15②
第6回核医学基礎2取得される画像および解析データについて、データ収集・画像処理・画像表示の注意点と技術的解決や臨床的有用性について学ぶ。伊藤 喜弘
6/22②
第7回核医学臨床1核医学画像の基礎知識について学ぶ。伊藤 喜弘
6/29②
第8回核医学臨床2核医学画像の評価および注意点について学ぶ。伊藤 喜弘
7/6②

到達目標

 基礎的・臨床的事項を十分に把握する事により、将来の技術の進歩にも対応出来る柔軟な考え方を身につける。

評価基準

 各講義後に提出するレポートを評価する。

準備学習等(予習・復習)

 配布資料と講義内容を照らし合わせ理解を深めること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書配布プリント
参考書
参考書 
参考書