医用画像処理ⅡMedical Imaging ProcessingⅡ
科目責任者長谷川 智之
担当者伊藤 喜弘, 原 秀剛 (※), 水上 慎也 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

放射線技術学分野における医用画像処理の基礎および応用技術について理解し、医療現場で実践するために必要な知識を習得する。

教育内容・教育方法

医用画像のデジタル化が進んだ現在において、画像処理技術は必要不可欠となっている。放射線技術学分野におけるX線診断、CT、MRI、核医学領域に着目し、画像処理の原理と応用技術について臨床画像を提示しながら教授する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回MRI領域の画像処理1MRIにおける画像と処理の基礎について学習する。水上 慎也
5/9①
第2回MRI領域の画像処理2臨床MRIで用いられる画像処理について学習する。水上 慎也
5/16①
第3回核医学領域の画像処理1核医学における画像の基礎について学習する。伊藤 喜弘
5/23①
第4回核医学領域の画像処理2核医学における画像処理技術について学習する。伊藤 喜弘
5/30①
第5回核医学領域の画像処理3臨床核医学における画像の収集・処理・表示のポイントについて学習する。伊藤 喜弘
6/6①
第6回核医学領域の画像処理4臨床核医学におけるソフトウェア解析について学習する。伊藤 喜弘
6/13①
第7回X線診断領域の画像処理1X線撮影系(CR,FPD)画像処理,マルチ周波数処理等を学習する。原 秀剛
6/20①
第8回X線診断領域の画像処理2X線CT画像処理,3次元画像,CAD等を学習する。原 秀剛
6/27①

到達目標

医用画像の基本的な処理方法を把握し、臨床で利用されている各モダリティの画像処理について、特徴と処理画像の意味を理解する。

評価基準

レポート課題で評価する。

準備学習等(予習・復習)

関連する必修科目の講義内容を復習しながら、本講義に出席することにより内容を理解すること。また、レポート課題を通して理解を深めること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書
参考書