医療安全管理学Healthcare Safety Management
科目責任者五味 勉 (※)
担当者五味 勉 (※), 後藤 政実, 渡邉 祐介 (※), 藤木 くに子 (※), 神宮司 公二 (※), 菊池 敬 (※), 川又 郁夫 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

診療放射線技師の責任及び業務の範囲を理解し、感染管理及び医療安全に配慮して、造影剤の投与など適切に検査に伴う行為ができる能力を身につける。また、造影剤の投与に伴う危険因子を認識し、特にアナフィラキシーなど重篤な合併症の発生時に適切に対処する能力を身につける。

教育内容・教育方法

医療人あるいは医療現場にとって必要となる医療安全管理の考え方と危機管理対策、造影剤投与に係る安全管理、感染管理・対策について理解をさせる。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回総論医療現場における安全管理の概要(背景・総論)について学ぶ。五味 勉
6/11②
第2回医療安全管理学 1医療現場における造影剤使用時の安全管理について学ぶ。五味 勉
6/18②
第3回医療安全管理学 2医療現場における感染管理・感染防止について学ぶ。藤木 くに子
6/25②
第4回医療安全管理学 3医療現場における医療情報システムの安全管理について学ぶ。神宮司 公二
7/2②
第5回医療安全管理学 4医療現場における診療放射線機器の日常管理・品質管理の重要性について学ぶ。川又 郁夫
7/5③
第6回医療安全管理学 5医療現場における放射線管理(主に放射線医薬品を使用した検査)の事故分析と対策について学ぶ。菊池 敬
7/9②
第7回医療安全管理学 6医療現場におけるMRI検査の安全性について学ぶ。後藤 政実
7/12③
第8回医療安全管理学 7医療現場における放射線治療の事故分析と対策について学ぶ。渡邉 祐介
7/19③

到達目標

医療現場で対応可能な安全管理学の考え方と危機管理対策、造影剤投与に係る安全管理、感染管理・対策を身につける。

評価基準

定期試験(90%)、小テスト(10%)から総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

授業時に配布する資料と授業内容を照らし合わせ、理解を深めること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書各回とも教員が作成した資料を配布する。
参考書新医用放射線科学講座 医療安全管理学石田隆行 監修医歯薬出版株式会社

備考・その他

※ 基本的に月曜日の2限ですが、月曜日2限と木曜日の3限の日がありますので注意してください。