感情・人格心理学Psychology of Emotion and Personality
科目責任者深瀬 裕子 (※)
担当者深瀬 裕子 (※)
科目概要全学年 (2単位・自由) [全学科 全専攻]

授業の目的

感情に関する理論及び感情喚起の機序,感情が行動に及ぼす影響,人格の概念及び形成過程,人格の類型、特性等を理解する。

教育内容・教育方法

感情および人格に関する論文を講読し,その基本的概念と最新の知見について解説する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回オリエンテーション本講義のオリエンテーションを行う。深瀬 裕子
9/12③
第2回感情心理学1表情に関する論文を講読する。深瀬 裕子
9/12④
第3回感情心理学2感情の行動に関する論文を講読する。深瀬 裕子
9/26③
第4回感情心理学3感情が喚起される規定因や社会的機能に関する論文を講読する。深瀬 裕子
9/26④
第5回感情心理学4
レジリエンスに関する論文を講読する。深瀬 裕子
10/3③
第6回感情心理学5動機づけに関する論文を講読する。深瀬 裕子
10/3④
第7回感情心理学6適応の機制,欲求不満耐性,葛藤に関する論文を講読する。深瀬 裕子
10/10③
第8回人格の理論性格や人格に関するさまざまな理論を概観する。深瀬 裕子
10/10④
第9回人格心理学1類型論に関する論文を講読する。深瀬 裕子
10/17③
第10回人格心理学2特性論に関する論文を講読する。深瀬 裕子
10/17④
第11回人格心理学3信頼性と妥当性に関する論文を講読する。深瀬 裕子
11/21③
第12回人格心理学4遺伝と環境に関する論文を講読する。深瀬 裕子
11/21④
第13回人格心理学5Personalityの不適応に関する論文を講読する。深瀬 裕子
11/28③
第14回人格心理学6Personalityの障害に関する論文を講読する。深瀬 裕子
11/28④
第15回まとめ感情・人格に関する心理学について振り返ってまとめを行う。深瀬 裕子
11/28⑤

到達目標

感情に関する理論及び感情喚起の機序,感情が行動に及ぼす影響,人格の概念及び形成過程,人格の類型、特性等について説明できる。

評価基準

発表内容と講義への意欲(関心、準備、質問)によって評価する。

準備学習等(予習・復習)

これまで履修した心理学に関連する科目の復習をしておくこと。適宜,参考書を用いること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書
参考書心理学無藤隆 他有斐閣
参考書心理学鹿取廣人 他東京大学出版会