医療レーザー物理入門Introduction to Medical Laser Physics
科目責任者熊谷 寛
担当者熊谷 寛
科目概要全学年 (1単位・自由) [全学科 全専攻]

授業の目的

 発展し続ける医療レーザーの基礎に親しみ、その基礎的な物理について理解を深める。

教育内容・教育方法

医療レーザーの物理の基礎を理解できる。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回医療レーザー物理入門の全体像医療レーザー物理入門の全体像を学ぶ熊谷 寛
4/6③
第2回各種レーザー固体レーザー、気体レーザーなど種々のレーザーを学ぶ熊谷 寛
4/13③
第3回光の性質光のコヒーレンスについて学ぶ熊谷 寛
4/27③
第4回光の放出と吸収光の自然放出,吸収,誘導放出について学ぶ熊谷 寛
5/11③
第5回反転分布熱平衡分布と反転分布を学ぶ熊谷 寛
6/1③
第6回レーザーの原理レーザー共振器とレーザー発振原理について学ぶ熊谷 寛
6/8③
第7回単一周波数レーザーと超短パルスレーザーどこまで単色性を向上できるのか、どこまで光パルスを短くできるのかについて学ぶ熊谷 寛
6/15③

到達目標

 レーザーは発明以来、常に発展し続け、今では医療分野の様々な場面で利用されている。本科目ではレーザー発振の原理、レーザー光の本質、各種レーザーデバイスの動作原理を通してレーザー設計思想に親しみ、医療分野における可能性について理解を深めることを目標とする。

評価基準

 課題レポートの発表で評価する。

準備学習等(予習・復習)

 講義資料、参考書を活用して予習しておくこと。
 第7回は医療レーザーについて各自調べたことを発表する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書プリント「医療レーザー物理入門」熊谷 寛
参考書レーザー物理入門霜田光一岩波書店