核医学・放射化学総合演習Nuclear Medicine and Radiochemistry (General Excercise)
科目責任者佐々木 徹 (※)
担当者佐々木 徹 (※), 坂口 和也 (※)
科目概要4年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

 核医学技術学、放射化学の基本的な知識が応用できるように、演習により理解と知識を深める。

教育内容・教育方法

 核医学技術学、放射化学の基本的知識の理解度を確認し、問題演習を中心に理解と知識を深める。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回ガイダンス学習方法、基本知識の確認、技師の役割について演習する。佐々木 徹
坂口 和也
9/4②
第2回核医学技術学(1)核医学検査装置とガンマカメラについて演習する。坂口 和也
9/11②
第3回放射化学(1)放射化学の基礎事項を演習する。佐々木 徹
9/18②
第4回放射化学(2)放射能、放射平衡、ミルキングについて演習する。佐々木 徹
9/25②
第5回核医学技術学(2)撮像原理と画像処理について演習する。坂口 和也
10/2②
第6回核医学技術学(3)SPECT撮像と画像再構成について演習する。坂口 和也
10/9②
第7回放射化学(3)核反応、放射性同位元素の分離について演習する。佐々木 徹
10/16②
第8回放射化学(4)放射性同位体の化学への応用、標識化合物の保存について演習する。佐々木 徹
10/23②
第9回核医学技術学(4)放射性医薬品と集積機序について演習する。坂口 和也
10/30②
第10回核医学技術学(5)PET装置とPET検査について演習する。坂口 和也
11/6②
第11回核医学技術学(6)核医学検査法と前処置について演習する。坂口 和也
11/13②
第12回核医学技術学(7)核医学検査法と医療被ばく低減について演習する。坂口 和也
11/20②
第13回核医学技術学(8)核医学治療に関わる検査、インビトロ検査および性能評価について演習する。坂口 和也
11/27②
第14回総括(1)放射性医薬品、核医学検査法、装置性能評価および安全管理について演習する。坂口 和也
12/4②
第15回総括(2)放射化学全般について演習する。佐々木 徹
12/11②

到達目標

 核医学技術学、放射化学の基本的知識を習得し、演習により深めた理解と知識を活用して、応用力を備える。

評価基準

国家試験対策用総合演習、定期試験により総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

 あらかじめ教科書ならびに配布プリントをよく読み、演習で理解した知識を随時復習すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書核医学検査技術学 改訂第2版佐々木雅之ら編南山堂
教科書放射化学の講義で使用した教科書、演習問題プリントを配布する。
参考書アイソトープ手帳10版日本アイソトープ協会