医療学総合演習Medicine and Health Sciences (General Exercise)
科目責任者武田 徹
担当者武田 徹
科目概要4年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

 診療放射線技師に必要な医学的知識を身につける。

教育内容・教育方法

 解剖学、画像検査学、臨床医学にわけて演習を通して系統的に医学的知識を教授する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回生理学・生化学1細胞機能、ホルモン、血液成分の基礎とこれら疾患の臨床診断学を学ぶ武田 徹
9/5②
第2回解剖学1骨格系、筋(肉)の画像解剖と臨床診断学を学ぶ武田 徹
9/12②
第3回生理学・生化学2自律神経、免疫の基礎と関連する臨床診断学を学ぶ武田 徹
9/19②
第4回解剖学2循環器・脈管、神経系・感覚器の画像解剖と臨床診断学を学ぶ武田 徹
9/26②
第5回画像解説1種々の疾患に関する検査の適応を学ぶ武田 徹
10/3②
第6回解剖学3内分泌腺、胸部、腹部の画像解剖と臨床診断学を学ぶ武田 徹
10/10②
第7回画像解説2造影検査、疾患と検査法、IVRを用いた画像診断を学ぶ武田 徹
10/17②
第8回画像解剖学部位別、映像手法別の基礎技術と臨床診断学を学ぶ武田 徹
10/24②
第9回臨床医学概論1脳、頭頸部、肺腫瘍の基礎、病態、診断の基礎を学ぶ武田 徹
10/31②
第10回臨床医学概論2腹部、泌尿器腫瘍の基礎、病態、診断の基礎を学ぶ武田 徹
11/7②
第11回臨床医学概論3感染症、その他の疾患基礎、病態、診断の基礎を学ぶ武田 徹
11/14②
第12回臨床医学概論4疾患と症状、公衆衛生学について学ぶ武田 徹
11/21②
第13回まとめ1国試を目指した複合領域の問題演習1武田 徹
11/28②
第14回まとめ2国試を目指した複合領域の問題演習2武田 徹
12/5②
第15回まとめ3国試を目指した複合領域の問題演習3武田 徹
12/12②

到達目標

 診療放射線技師国家試験の合格レベルに十分な知識を身につける。

評価基準

定期試験(70%)、国家試験対策用総合演習(30%)で評価する。

準備学習等(予習・復習)

 参考書を利用して講義内容の予習を行い、同時に国家試験合格レベル以上の深い内容を学習すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書教員より配布
参考書若葉マークの画像解剖学磯辺智範 編メジカルビュー社
参考書診療放射線技師 画像診断マスター・ノート土屋一洋 監修メジカルビュー社
参考書新X線解剖学金原出版
参考書図解 診療放射線技術 実践ガイド遠藤啓吾 編集文光堂
参考書ブルーノート福士政広 編メジカルビュー社