放射線治療技術学IIRadiation Therapy Technology II
科目責任者渡邉 祐介 (※)
担当者渡邉 祐介 (※), 三輪 建太, 寺崎 剛史, 佐藤 英介
科目概要3年 (2単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

放射線生物学、放射線物理学、放射線計測学を基礎として、放射線治療技術学Ⅰおよび放射線腫瘍学を包括することにより、放射線治療技術学の発展的知識を修得し、放射線治療技術の臨床現場への応用を図る。

教育内容・教育方法

(1)放射線治療に使用される医療用放射線発生装置と関連機器に関する知識、(2)各種放射線の特性と線量測定法、(3)高度な技術を駆使した放射線治療、(4)集学的治療、以上に関する放射線治療技術学Ⅰを発展させた内容を教授する。また、放射線治療装置の進歩に伴う今後の治療技術の動向についても教授する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回放射線治療の総論放射線治療の歴史・放射線治療技術学と関連分野について学ぶ。渡邉 祐介
4/6①
第2回放射線治療における集学的治療手術・化学療法・温熱療法など様々な治療法との併用について学ぶ。渡邉 祐介
4/13①
第3回放射線治療の有害事象LQモデル、正常組織の耐容線量、時間的線量配分について学ぶ。渡邉 祐介
4/20①
第4回放射線治療の装置・機器医療用放射線発生装置と関連機器・放射性同位元素装備機器と関連機器について学ぶ。渡邉 祐介
4/27①
第5回放射線治療計画照射技術と線量分布、線量計算アルゴリズムについて学ぶ。渡邉 祐介
5/11①
第6回高精度放射線治療高精度放射線治療(STI・IMRT・IGRTなど)に関する基礎および臨床について学ぶ。渡邉 祐介
5/18①
第7回密封小線源治療密封小線源治療に関する基礎および臨床について学ぶ。寺崎 剛史
5/25①
第8回非密封核種内用療法非密封核種内用療法に関する基礎および臨床について学ぶ。三輪 建太
6/1①
第9回粒子線治療陽子線線治療と重粒子線治療に関する基礎および臨床について学ぶ。佐藤 英介
6/8①
第10回中性子捕捉療法中性子捕捉療法に関する基礎および臨床について学ぶ。佐藤 英介
6/15①
第11回吸収線量計測法外部放射線治療における標準計測法の実際について学ぶ。渡邉 祐介
6/22①
第12回放射線治療のQA・QC放射線治療の品質保証・品質管理・安全管理について学ぶ。寺崎 剛史
6/29①
第13回放射線治療の動向放射線治療分野の基礎研究および臨床研究、今後の照射技術の動向について学ぶ。渡邉 祐介
7/6①
第14回放射線治療の臨床現場臨床現場における放射線治療のプロセスについて学ぶ。寺崎 剛史
7/13①
第15回放射線治療技術学Ⅱの総括総括および補足する。渡邉 祐介
7/20①

 

到達目標

 放射線治療技術に関する専門的知識を理解し、今後の治療技術の動向について見識を身につけている。

評価基準

 小テスト(20%)および定期試験(80%)の成績を総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

 放射線生物学、放射線物理学、放射線計測学、放射線治療技術学Ⅰ、放射線腫瘍学、放射線治療物理学などの配付資料・教科書・参考書等を利用して講義内容の予習および復習を行うこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書放射線治療基礎知識図解ノート榮武二 監金原出版株式会社
参考書放射線治療物理学西臺武弘 著文光堂
参考書放射線治療技術学熊谷孝三 著オーム社
参考書放射線治療技術の標準保科正夫 編日本放射線技師会出版会
参考書放射線線量測定学西臺武弘 著文光堂
参考書外部放射線治療における吸収線量の標準計測法(標準計測法12)日本医学物理学会 編 通商産業研究社
参考書がん・放射線療法2017大西洋 他 編学研メディカル秀潤社
参考書放射線治療計画ガイドライン2016年版日本放射線腫瘍学会 編金原出版株式会社
参考書臨床放射線腫瘍学日本放射線腫瘍学会/日本放射線腫瘍学研究機構 編南江堂
参考書Khan's The Physics of Radiation TherapyFaiz M. Khan 他 著LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
参考書詳説 体幹部定位放射線治療 ガイドラインの詳細と照射マニュアル大西洋 他 監中外医学社
参考書詳説 強度変調放射線治療 物理・技術的ガイドラインの詳細遠山尚紀 他 編著中外医学社
参考書代表的照射野とCT上のターゲット大西洋 編著篠原出版新社