核医学技術学・放射化学実習Nuclear Medicine Technology & Radiochemistry (Practice)
科目責任者佐々木 徹 (※)
担当者佐々木 徹 (※), 坂口 和也 (※), THET THET LWIN (※), 伊藤 喜弘, 橋本 成世 (※), 菊池 敬 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

 核医学検査を遂行するためには核医学や放射化学等の知識の他に、正確な技術と注意深い観察力が不可欠である。講義や教科書の内容をよりよく理解し、放射性同位元素(RI)の安全な取扱い技術を習得するために実習を行う。

教育内容・教育方法

 RIの分離精製技術などの基本的な技術を学習し、それを応用した放射分析、標識化合物の合成も学習する。また、核医学検査でのデータ収集法の習得や得られたデータの評価、装置の品質管理、線量評価について実習する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回ガイダンス安全教育、レポートの書き方。担当者全員
4/13③
2回ガイダンス各テーマの解説をする。担当者全員
4/20③
3回放射性医薬品の品質管理(1)(放射能量検定)放射能検定と分子イメージングを習得する。担当者全員
4/27③
4~6回放射性医薬品の標識合成と品質管理(2)(純度検定)放射性医薬品の標識合成とペーパークロマトグラフによる純度測定を習得する。担当者全員
5/11③④⑤
7~9回分液ロートによる溶媒抽出分液ロートによる溶媒抽出法を習得する。担当者全員
5/18③④⑤
10~12回ミルキング(1)Cs-137/Ba-137m放射平衡の原理を習得する。担当者全員
5/25③④⑤
13~15回ミルキング(2)Mo-99/Tc-99mテクネジェネレータの構造と取扱いを習得する。担当者全員
6/1③④⑤
16~18回インビトロ検査ラジオイムノアッセイ(IRMA)法を習得する。担当者全員
6/8③④⑤
19~21回放射性核種・化合物の分離放射性核種・化合物の分離法を習得する。担当者全員
6/15③④⑤
22~24回SPECTの特性SPECT収集、画像再構成法を習得する。担当者全員
6/22③④⑤
25~27回核医学画像再構成核医学検査における各種補正、画像再構成の原理を習得する。担当者全員
6/29③④⑤
28~30回甲状腺ヨード治療、線量評価甲状腺治療量計算、MIRD法による線量評価を習得する。担当者全員
7/6③④⑤

到達目標

 放射性同位元素の特性を理解し、取扱い器具の操作に習熟し、核医学検査を正確に遂行できるよう実習を通じて必須事項を習得する。

評価基準

レポート、実習態度から総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

 事前に教科書や参考書に目を通して実習内容の概要を把握しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書実習マニュアル北里大学医療衛生学部編教員より配布
参考書核医学検査技術学佐々木雅之 他南山堂
参考書最新臨床核医学久田欣一 他金原出版

備考・その他

 実習は上記課題を1グループ6~8名に分かれて実施する。