診療画像技術学IVMedical Imaging Technology IV
科目責任者後藤 政実
担当者後藤 政実, 水上 慎也 (※)
科目概要3年 (2単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

 MRI検査において高い画質を得るために、物理的意味付けや画像生成のメカニズムについて理解し、画質改善を行うための能力を習得する。

教育内容・教育方法

 MRIについての基本原理、撮像技術、画質管理、安全管理、臨床応用的事項について教示する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回MRの基礎1核磁気共鳴現象について学ぶ。後藤 政実
4/12③
第2回MRの基礎2励起と緩和現象からMR信号検出までについて学ぶ。後藤 政実
4/12④
第3回MRの基礎3撮像パラメータとK空間について学ぶ。後藤 政実
4/19④
第4回MRの基礎4MRの基礎に関するまとめを行う。後藤 政実
4/26④
第5回MR検査法1スピンエコー法などの撮像パルスシーケンスについて学ぶ。後藤 政実
5/10④
第6回MR検査法2非造影MRAについて学ぶ。後藤 政実
5/17④
第7回MR検査法3MRIのアーチファクトについて学ぶ。後藤 政実
5/24④
第8回MR検査法4MRIの脂肪抑制方法について学ぶ。後藤 政実
5/31④
第9回MR検査法5特殊撮像法について学ぶ。後藤 政実
6/7④
第10回MR検査法6MR検査法に関するまとめを行う。後藤 政実
6/14④
第11回MR管理1MR画質管理について学ぶ。後藤 政実
6/21④
第12回MR管理2MR検査に伴う安全管理について学ぶ。後藤 政実
6/28④
第13回MR用造影剤MR用造影剤について学ぶ。後藤 政実
7/5④
第14回MR臨床応用1頭部、脊椎のMR検査法と臨床画像について学ぶ。水上 慎也
7/12④
第15回MR臨床応用2体幹部、四肢関節のMR検査法と臨床画像について学ぶ。水上 慎也
7/19④

到達目標

 臨床応用での利用を目的としたMRIについての基本原理、撮像技術を説明することができ、画質管理、安全管理を実施できる。

評価基準

 成績評価=定期試験(80%)+小テスト(20%)。

準備学習等(予習・復習)

 教科書と授業内容を照らし合わせ、理解を深めること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書MRの実践金森勇雄、他医療科学社
参考書