医用放射線計測学Medical Radiation Detection and Measurement
科目責任者村石 浩
担当者村石 浩
科目概要3年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

医用放射線計測に必要な各種検出器の特性、特徴と放射線の検出法、放射線量の測定法について教授する。医用放射線測定に関する基礎的技術として、放射線量測定法、放射能測定法、エネルギーの測定法を習得させる。また、放射線計測分野に関わる診療放射線技師、及び第1種放射線取扱主任者国家試験問題レベルの基礎、及び関連事項等について教授する。

教育内容・教育方法

 医用放射線計測に関する基礎的知識を次の内容で教授する。
1. 物理量と単位 
2. 線量測定法
3. 放射能の測定法
4. エネルギー測定

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回放射線量の単位1放射線量の名称と定義、単位、記号について教授する。村石 浩
4/12①
第2回放射線量の単位2放射線量間の関係について教授する。村石 浩
4/19①
第3回線量測定法1標準電離箱、空気電離箱および空洞原理について教授する。村石 浩
4/26①
第4回線量測定法2電離箱による測定値の補正と校正について教授する。村石 浩
5/10①
第5回線量測定法3電離箱による吸収線量の測定について教授する。村石 浩
5/17①
第6回放射能の測定法放射能の測定法について教授する。村石 浩
5/24①
第7回エネルギー測定法X線、γ線、α線、β線、粒子線、エネルギー分解能について教授する。村石 浩
5/31①
第8回まとめまとめ村石 浩
6/7①

到達目標

 診療放射線技師、及び放射線取扱主任者になる為に必要な医用放射線計測学に関する知識を修得する。

評価基準

 定期試験、小テスト、レポートにより評価を行う。

準備学習等(予習・復習)

 指定された教科書を一読しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書放射線計測学日本放射線技術学会監修オーム社
参考書アイソトープ手帳日本アイソトープ協会丸善
参考書放射線計測ハンドブック阪井英次 他日刊工業新聞社