臨床実習IClinical Practice I
科目責任者後藤 政実
担当者後藤 政実, 五味 勉 (※), 坂口 和也 (※), THET THET LWIN (※), 原 秀剛 (※), 渡邉 祐介 (※), 水上 慎也 (※), 伊藤 喜弘
科目概要2年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

 診療放射線領域において用いられる装置や画像処理法を取り扱うために、エックス線画像、MR画像の撮影(像)法の基本を理解し、適切な画像を得るための撮影(像)条件の設定について検討し、得られた画像の画質を測定・評価し、人体ファントムを用いて各種撮影(像)を行う。そして、それぞれの撮影(像)法やと画像解剖、エックス線吸収・散乱の基本的な特性、被ばく線量評価についてその基本を理解する。

教育内容・教育方法

 エックス線画像、MR画像の撮影(像)法、画像処理法、、エックス線の吸収・散乱の基本的な特性、エックス線画像の鮮鋭度・粒状性評価、被ばく線量評価について実習を行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回ガイダンス実習内容の説明 を行う。担当者全員
9/4③④
3・4回事前準備実習用試料の作成を行う。担当者全員
9/11③④
5・6回線量分布の測定散乱線量の分布と被ばくについて学ぶ。担当者全員
9/18③④
7・8回X線出力と被写体との関係照射野、電圧等とX線出力の効果(エネルギー特性)について学ぶ。担当者全員
9/25③④
9・10回一般撮影 1頭部撮影について学ぶ。担当者全員
10/2③④
11・12回一般撮影 2四肢・関節撮影について学ぶ。担当者全員
10/9③④
13・14回一般撮影 3胸部・腹部撮影について学ぶ。担当者全員
10/16③④
15・16回X線CTCT画像の基本特性 (雑音評価)について学ぶ。担当者全員
10/23③④
17・18回MRI T1・T2緩和時間の測定法を学ぶ。担当者全員
10/30③④
19・20回画像工学 1プリサンプリングMTFの測定法を学ぶ。担当者全員
11/6③④
21・22回画像工学 2画像再構成のシミュレーションについて学ぶ。担当者全員
11/13③④
23・24回画像工学 3ノイズパワースペクトル (NPS) の測定法を学ぶ。担当者全員
11/20③④
25・26回実習統括 1まとめを行う。担当者全員
11/27③④
27・28回実習統括 2まとめを行う。担当者全員
12/4③④
29~33回実習セミナー3RT学生による病院実習の体験談を聴講する。担当者全員
12/19①②③④⑤

 実習は上記課題を1グループ7名程度に分かれて実施する。

到達目標

 エックス線画像、MR画像の撮影(像)法、画像処理法、、エックス線の吸収・散乱の基本的な特性、エックス線画像の鮮鋭度・粒状性評価、被ばく線量評価についての基本原理を説明することができ、測定や評価を実施できる。

評価基準

 評価は毎回のレポート、実習取り組み姿勢で判定する。

準備学習等(予習・復習)

 実習前にガイダンス時に配付した実習書をよく読み、予習しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書臨床実習Ⅰ実習書(教員より配布)北里大学医療衛生学部編
参考書