情報処理工学Information Processing
科目責任者守田 憲崇 (※)
担当者守田 憲崇 (※)
科目概要2年 (1単位・選択) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

デジタル画像の仕組みを理解し、コンピュータプログラム(C言語)を使用した診療放射線技師に必要な高度で専門的な画像検査・放射線治療の知識と技術の基礎となる画像処理アルゴリズムを習得することを目的とする。さらに画像評価方法であるROC解析について理解することを目的とする。

教育内容・教育方法

「デジタル画像の仕組み」、「C言語プログラミング」、「デジタル画像作成方法と処理アルゴリズム」、「ROC解析による画像評価方法」について1人コンピュータ1台を使った演習方式で学習する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回画像のデジタル化と画像ファイルの構成標本化・量子化、デジタル画像ファイルの構成について学ぶ。守田 憲崇
9/5④
第2回画像再構成の基礎線広がり関数、点広がり関数とそれを用いた畳み込み演算についてC言語プログラムを作成し学ぶ。守田 憲崇
9/12④
第3回閾値処理デジタル画像のヒストグラムを作成し、「判別分析法」により閾値を決定し、物体抽出を実現するC言語プログラムを作成しその特性を学ぶ。守田 憲崇
9/19④
第4回階調処理「ヒストグラム伸長」、「ヒストグラム平坦化」によりコントラスト調整を実現するC言語プログラムを作成しその特性を学ぶ。守田 憲崇
9/26④
第5回空間フィルタリング(1)
平滑化
画像平滑化処理を行う「移動平均フィルタ」、「加重平均フィルタ」、「ガウシアンフィルタ」、「メディアンフィルタ」を実現するC言語プログラムを作成しその特性を学ぶ。守田 憲崇
10/3④
第6回空間フィルタリング(2)
エッジ検出
エッジ検出を行う「微分フィルタ」、「Robertsフィルタ」、「Sobelフィルタ」、「Prewittフィルタ」を実現するC言語プログラムを作成しその特性を学ぶ。守田 憲崇
10/10④
第7回空間周波数フィルタリング(3)
フーリエ変換
「離散フーリエ変換」、「高速フーリエ変換」により周波数を分析し、低域・高域・帯域通過フィルタリングを実現するC言語プログラムを作成しその特性を学ぶ。守田 憲崇
10/17④
第8回ROC解析ROC解析による画像評価方法について統計ソフトウェアを使用して学ぶ。守田 憲崇
10/24④

*情報演習室において1人が1台のコンピュータを用いて、演習形式で行う。

到達目標

1.C言語プログラムの基本的な技術およびアルゴリズムを習得し説明できる。(*知識・理解)
2.C言語プログラムを記述し、実行できる。(*技能)
3.C言語プログラムにより画像処理するための基本的なアルゴリズムを習得し説明できる。(*知識・理解)
4.C言語プログラムによりデジタル画像の処理ができる。(*技能)
5.ROC解析(感度・特異度の算出・ROC曲線の作成)ができる。(*技能)

評価基準

*講義中に出される演習課題(50%)と最終課題に対するレポート(50%)により評価する。

準備学習等(予習・復習)

*資料の配布はMoodleにより行う。課題の提出も、Moodleにより提出してもらう。Moodleを扱うためには、大学から付与されているメールアドレスが必須であるため各自第1回目の授業までにメールアドレスとそのパスワードを確認しておくこと。
*予習は、事前に配布する資料を読み、講義予定内容について要点をA4用紙1枚以内にまとめ、疑問点を明らかにしておくこと。
*復習は、演習内容についてノート、配布資料により概要をA4用紙1枚以内にまとめること。
*C言語に対する事前知識は求めないが、一度授業中に行ったPC処理はノート等に流れを記載して自力で行えるように努力すること。
*授業中に与えられたテーマを完成できなかったときは、次回までに完成させること(情報演習室は放課後は自習用に開放されている)。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書資料を配布する。
参考書C言語で学ぶ実践画像処理 Windows/X-Window対応井上 誠喜, 林 正樹, 中須 英輔, 奥井 誠人, 三谷 公二 , 八木 伸行オーム社 , 2008