解剖学IIAnatomy II
科目責任者小畑 秀一
担当者小畑 秀一
科目概要2年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

解剖学 I で学んだ内容と合わせて、人体の正常な構造の基本を理解する。これは、将来、大学・企業・公共機関における研究開発などで指導的役割を担うための基礎力を身につけることにつながる。

教育内容・教育方法

解剖学 I に続き、呼吸器系、循環器系、血液・リンパ系、泌尿器系、生殖器系、内分泌系の形態・構造の基本的内容を解説する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回呼吸器系気道と肺の構造について学ぶ。
教科書 p.195〜211 を読んでくること。
小畑 秀一
4/4①
第2回循環器系(1)
 〜心臓〜
心臓の構造と刺激伝導系について学ぶ。
教科書 p.103〜117 を読んでくること。
小畑 秀一
4/11①
第3回循環器系(2)
 〜血管系とその変化〜
血管系(動脈系と静脈系)、出生に伴う循環路の変化について学ぶ。
教科書 p.117〜135 を読んでくること。
小畑 秀一
4/18①
第4回血液、リンパ系リンパ系と血球について学ぶ。
教科書 p.135〜149 を読んでくること。
小畑 秀一
4/25①
第5回泌尿器系腎臓と尿路の構造について学ぶ。
教科書 p.213〜220 を読んでくること。
小畑 秀一
5/9①
第6回生殖器系(1)
 〜男性生殖器〜
男性生殖器の構造と精子形成について学ぶ。
教科書 p.221〜228 を読んでくること。
小畑 秀一
5/16①
第7回生殖器系(2)
 〜女性生殖器〜
女性生殖器の構造と卵形成について学ぶ。
教科書 p.228〜239 を読んでくること。
小畑 秀一
5/23①
第8回内分泌系下垂体、副腎など内分泌器官の構造について学ぶ。
教科書 p.241〜252 を読んでくること。
小畑 秀一
5/30①

到達目標

・呼吸器系の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・循環器系の構造、刺激伝導系、出生に伴う循環路の変化について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・血液およびリンパ系の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・泌尿器系の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・生殖器系の構造について、男女別に、基本的内容を名称とともに説明できる。
・内分泌系の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。

評価基準

定期試験(100%)

準備学習等(予習・復習)

予習:各回の授業内容欄に記した教科書の該当ページを読み、理解できることと理解できないことを区別してくること。
復習:教科書にない図や資料をプリントとして配付するので、これを活用したノートを各自作成すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書入門人体解剖学藤田恒夫南江堂
参考書人体解剖学藤田恒太郎南江堂
参考書日本人体解剖学(上巻、下巻)金子丑之助 原著南山堂
参考書入門組織学牛木辰男南江堂