生理学IPhysiology I
科目責任者緒形 雅則 (※)
担当者緒形 雅則 (※)
科目概要1年 (2単位・必修) [医療工学科 臨床工学専攻]
1年 (2単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

 正常な人体の生理機能を知ることは、疾患を発見し理解していくうえで必須である。この講義により、生体を構成する各器官の生理機能の発現の仕組みを理解する。さらにそれらの器官相互の協調的な働きがあってはじめて全体としての人体の働きが発現することを知る。2年次以降の専門科目を学ぶ上で必要とされる正常な人体機能に関する知識を身につける。

教育内容・教育方法

 生理学Ⅰでは、生命維持の基礎である生体恒常性について初めに講義し、続いて生体を構成する神経系、感覚系、筋肉・運動系についてその機能発現メカニズムを系統的に解説する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回生理学の基礎と細胞の機能的構造生体恒常性について学習し、その後、細胞の機能的構造、特に細胞膜について学ぶ。緒形 雅則
9/6②
第2回細胞膜の興奮(1):静止膜電位と活動電位神経細胞の形態、種類を学ぶ。続いて静止膜電位と活動電位の発生機序について学習する。緒形 雅則
9/13②
第3回細胞膜の興奮(2):興奮の伝導と伝達軸索における興奮伝導の機序、神経線維の種類と興奮伝度速度について学ぶ。さらにシナプスにおける興奮伝達の機序について学習する。緒形 雅則
9/20②
第4回神経系(1):末梢神経と中枢神経の分類神経系の解剖学的分類と機能的分類を理解し、その後、末梢神経と中枢神経の機能の概要を学ぶ。緒形 雅則
9/27②
第5回神経系(2):大脳皮質の機能大脳皮質の機能局在について学習する。続いて各連合野の機能および言語野と失語症ついて学ぶ。また記憶・学習についても学ぶ。緒形 雅則
10/4②
第6回神経系(3):脳波と覚醒・睡眠脳波の分類と健常成人の脳波について学習する。続いて睡眠に伴う脳波の変化(ノンレム睡眠とレム睡眠)について学ぶ。緒形 雅則
10/11②
第7回神経系(4):自律神経系自律神経の分類と神経伝達物質、受容体について学習する。また自律神経による内臓調節について学ぶ。緒形 雅則
10/18②
第8回感覚系(1):感覚の一般的性質と体性感覚感覚の一般的性質を学んだ後、体性感覚系の受容器、伝導路、特徴について学習する。緒形 雅則
10/25②
第9回感覚系(2):味覚、嗅覚、視覚味覚の受容器等の味覚系の構造を学習し、その後、受容器電位の発生と伝導路について学習する。続いて嗅覚受容器等の嗅覚系の構造を学習し、その後、受容器電位の発生と伝導路について学習する。また視覚に関して眼球の構造と網膜の視細胞の種類と特徴について学ぶ。
緒形 雅則
11/1②
第10回感覚系(3):視覚、聴覚、前庭感覚視覚における光の受容機序と伝導路について学ぶ。続いて、聴覚、前庭感覚における感覚器(耳)の構造と受容器について学習する。また受容器電位の発生機序についても学習する。緒形 雅則
11/8②
第11回筋肉・運動系(1):筋肉の種類と基本構造筋肉の種類と特徴について学ぶ。骨格筋の基本構造と筋収縮機序につい学習する。緒形 雅則
11/15②
第12回筋肉・運動系(2):神経筋接合部、骨格筋の収縮の特徴神経筋接合部における情報の伝達機序について学習する。その後、骨格筋の収縮様式と収縮に用いられるATPエネルギーについて学習する。緒形 雅則
11/22②
第13回筋肉・運動系(3):脊髄の運動機能、脳幹の運動機能脊髄運動ニューロンと骨格筋の感覚器について学ぶ。運動単位の概念を理解し、脊髄における運動機能(反射)について学習する。また脳幹による姿勢反射調節についても学ぶ。緒形 雅則
11/29②
第14回筋肉・運動系(4):中枢神経系による運動の制御の概略、大脳皮質運動野中枢神経系の随意運動発現機構における機能的連絡を学ぶ。その後、大脳皮質運動野の分類と機能について学習する。緒形 雅則
12/6②
第15回筋肉・運動系(5):大脳基底核、小脳随意運動発現における大脳基底核の役割とその障害による疾患について学習する。また、小脳の随意運動発現における機能についても学び、その障害にともなう運動異常について学習する。緒形 雅則
後日掲示

到達目標

 生体恒常性の概念について具体例を挙げて説明できる。神経系の基本的機能として、静止膜電位の発生や活動電位の発生の機序について説明できる。さらに興奮の伝導、伝達の特徴やメカニズムについても説明することが出来る。神経系を機能的に分類することが出来、更にそれぞれの働きを実例をもとに説明することができる。感覚系における受容器の役割を知り、その一般的な働きと特徴を説明できる。各感覚の受容機序並びに伝導路を説明できる。筋肉の基本的構造並びに収縮機序を理解し、説明することができる。随意運動発現に関与する中枢神経系を列挙でき、それらの役割についても説明できる。各講義内容を理解し、感覚系、神経系、運動系の各部位の異常が、どのような機能障害や疾患に繋がるかを示すことができる。

評価基準

定期試験(90%)及び受講態度(10%)により評価する。

準備学習等(予習・復習)

 第二学年の生理学Ⅱと生理学実習に繋がる科目であるので、講義ノート、プリントを中心に毎回復習を行い、知識の積み重ねを可能にしておくこと。また必要に応じて、教科書で内容を確認し疑問点を調べておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書生理学(コメディカル専門基礎科目シリーズ)桑名俊一、荒田晶子 編著理工図書
参考書